murmur * 2017

[  contents  ]  
2018.09.01

 

  ・
 

  ・
 

  ・
 

 最近ネットの調子がおかしくて気が気じゃありません。どうにかなったらどうしよう。

 ・
 『十二ヶ月』は三世代にまたがっています。今回のお話は親の親世代。博さんのお母さん独身時代です。親世代柘植夫妻は、これも(当時としては)それなりの齢の差婚ではありますが、結構あっさり円満に片付いています。円満でないのは橘川家(雅の親、特に母方の実家)です。こちらは本当にごたごたしている。
 いつか書く日が来るのかなあ。
 そのへんは私にもまだわかりません。
 自分の作品のことなのにわからないこの感覚、いつも思うけどとても不思議。


2018.08.01

 

 八月だー! まだ何もやっていない気分!

 ・
 八月は女の子ふたりのお話です。こういう思春期の揺れ揺れ、うまく表現できているとよいのですが……。
 皆様はこういった心模様の青春を過ごされましたか。それはきっと、きらきらしいものだったのではないかしらと思います。

 ・
 水玉すなおさんのTwitterアイコンと、ツイキャス『水玉洋菓子店cas』の配信画像を描かせていただきました。去年も描かせていただきました。去年はカフェ店員さん、今回は妖しいメイドさん。
 オーダーが「乱歩作品を読んでいますーって感じで」とのことでしたので、ティーセットが赤くなりました。乱歩っぽいかなと思いまして。
 私の抱く乱歩イメージがばれますねーと笑っていたら、すなおさんも「たぶん同じようなイメージ持ってると思いまーす」とのお答え。
 そうよ、だって乱歩だもの。個人的には『人間椅子』が抜きんでていると思います。何が抜きんでているかはあえて申し上げませんけれども、ご興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。少年探偵団シリーズみたいな健全なのもあるよ! ちなみにわたくし、少年探偵団シリーズは読破しておりません! 自慢にならない!


2018.07.01

 

 一年も半分終わって後半戦、七月は恋になりはじめるふたりのお話です。『十二ヶ月』の中ではいちばん長いお話になります。
 私はどうやらこういう……こう……今から恋になっていくよっていうお話が好きらしくて……くっつくまではいっていないけど、実質もうくっついてるみたいな……
 好き。
 凪みたいなタイプは書きやすいです。


2018.06.29

 

  ・
 

 他人と思えないのですよ。


2018.06.19

 

 弟がつくってくれたシフォンケーキ。おいしかった!

 ・
 豊川稲荷にはじめてお参りに行きました。
 ……よかった……
 行ってよかった。
 お狐様がたくさんいらっしゃいました。私は普段とてもお世話になっているので、感謝の意をあちこちでお伝えしてきました。
 で、おみくじを引きました。
 私は普段おみくじを引きません。初詣でも引かない。あまり興味を持てないのです。でも引いた。なぜならお稲荷さんだったから!!!
 おみくじを引くなんて何年ぶりでしょう。
 神社の近くのお店でよく売っている、その神社のご祭神の眷属を模したものです。小さなお人形の中におみくじが詰まっているやつ。豊川稲荷はお寺ですけれども。ともかく白狐のおみくじです。
 大吉でした。
 これ何かあるんじゃないのか。
 というのも、前日私は打ちひしがれておりました。五年続けているお仕事で、はじめて物言いがついたのです。しかも結構深刻なミスをやらかしていました。加えて、「納期が遅くなった」と。
 納期が遅くなったことについては、去年の春先の地獄があったためです。去年の春先、私は本当に洒落じゃなく死にそうな体調が続いていまして、しかもその原因がストレスだったのです。そこからなんとか盛り返したものの、その状態に後戻りしては無意味と思い、一日のノルマを減らしました。当然ノルマを減らしたぶんの日数が余計に必要なわけで、それが「今年に入ってから納品が遅い」という結果に結びついてしまったわけです。
 あとひとつは本当にだめなやつでした。
 そのご指摘が(自覚のあるなしにかかわらず)ものすごく堪えて、しかも去年の地獄を思い出して怖くなってしまい、「ここがやめどきなのかなあ」と思っていたところでした。
 大吉ですって!!!
 概要としては、「望みごとは叶う。それに驕らず感謝して、清く正しい心でいなさい」とのことでした。
 ちくりと思い当たるところがあったので気をつけます。
 おみくじ白狐様はパソコンの上部にお座りいただきました。おなかの中には大吉が入っています。
 めっちゃ美形です白狐様。
 豊川稲荷に連れて行ってくれた母に感謝です。


2018.06.01

 

 今月は文章二本アップでございます。片方五月のお話だけど気にしないでください。五月に出すには中途半端すぎて、六月に回しました。

 ・
 『俺の風呂上がりのパピコ消失事件』は、『誰も死なない、推理の必要もない、名前が出た瞬間犯人がわかる、ご家庭内で普通に起きがちなくっだらないけどある意味根深い事件』を書きたくて書きました。ジャンルは『ミステリー(笑)』です。皆様のお宅ではこういったことは起きませんか? 我が家では似たようなことが起こります。そして真っ先に私が疑われます。なお、九割の率で私が犯人です。だから(?)私には犯人の気持ちがよくわかる……

 食べたいんだよ!!!

 あとは、私愛用長年の相棒トイカメラ、ぎずもんちゃんのダイレクトマーケティングもどきをしました。

 ・
 もう半分か……半年終わるのですね。早かったようなゆっくりだったような。ともかく六月はお馴染みの彼女の妹のお話です。お馴染みの彼女との姉妹関係はこんな感じなのかあと思ってウフフとなっていただけたら嬉しく思います。


2018.05.16

 

 マカダミアナッツ〜! 大好き!


2018.05.15

 

 もう五月も半分終わってしまいました。文章アップするだけして上げ逃げみたいになっていましたね、

 ……面目次第もございません……

 なんだか謝ってばかりだなあ。これが私の人生なのか? 悲しすぎる。謝罪以上に感謝しておりますので、お付き合いいただければ幸いです。
 特にこれといったことがあったわけではなく、ただぼんやりと余裕がなかったのでした。歯医者さんに行く予約を入れて、きちんと行けた程度には元気になっております。「虫歯の赤ちゃんが並んでいますね〜」と言われてものすごく落ち込みました。しかもこれ一度なったら治らないのだそうで……歯はほんとやり直しが利かないな……サメが羨ましい。

 ・
 ところで五月のお話は、存在はずっと示されていながら、これまで欠片も出てこなかった博さんのお兄さん――と、その恋人のお話です。ようやく書けました柘植響。書きたいな〜と思っていながらこれまで機会を逃し続けていたので、すっきりしました。
 本文中にもあるとおり、そしてそこからなんとなく察せられるとおり、顔も性格もほぼ博さんと同じです。兄弟の年齢差は二歳。
 やっと恋人らしい恋人のお話の気がします。三月は、恋人に限りなく近い幼馴染ですし。そう思うと恋人同士のお話はあんまりない……ような……
 ……。
 …………色々です。


2018.04.12

 

  ・
 

 お花!

1.  contents  ]