back  |  next   
 繰り返されても困る。あーん、ってなに。
 思わず卵焼きを見つめてしまう。卵焼きは弘の箸によって支えられている。それはつまりこの卵焼きは彼女のもので、彼女が食べるものではないのだろうか。何故こちらに向けてくるのか。
「やっしー先輩って通過儀礼まだだったの?」
 伊織が、あれぇ、と意外そうに言う。そうらしいな、と次子が同意した。
 ――通過儀礼?
「八代、それ食べて。その卵焼き」
「柘植サンのじゃないの?」
「おまえのなんだよ。だから食べて」
 ここのところの鷹羽の突き放し方は容赦がない。いちばんまともに、かつもっともわかりやすく解説してくれそうな次子に視線だけ送ってみた。
 視線の先で、次子が肩を(すく)めるようにして軽い溜息をつく。
「みんなやったんだよ。やられた。名瀬(なせ)もやったよ」
 引き合いに出されるとは思っていなかったらしい。綾野はそのときのことを思い出したらしく、ほんの少しだけ(ほほ)に朱を散らしてそっぽを向いた。
「一回やりゃ慣れるから。平気平気。食え。通過儀礼」
 八代の理解力は平均以上だ。でも時間がかかった。
 ――あーん。
 って、そういうことか!
 ――無理、と言いたい。
「先輩? あーんはいやですか?」
 不愉快に思っているわけではないのはわかる。弘は確認を取っているだけだ。だからいやだと言えば少なくとも自分の中では丸く収まる。この輪の中に在っては丸く収まらないが、自分の中では。
 自分の中では。
「……いやじゃないよ」
 ああ、破滅的馬鹿――。
 咥えるのに非常にちょうどいい角度だった。落とすこともなく自然に口の中に収まった。
 でも。
 でも。
「お口に合いませんでしたか?」
 くちもとを片手で覆って、ふいと顔を背けてしまった八代に、弘が無自覚の追い打ちをかけてくる。
 さぞやおもしろがっているだろうと思いきや、ほかの面々それぞれが過去の自分を思い出しているらしい。なんともいえない表情だから、恐らくみな同じような反応をしたのだろう。
「いえ……あの、」
 赤面しているのがわかる。
 耳朶(みみたぶ)が熱い。
 どうしても弘の顔を見られない。
「大変、おいしい……です」
 ――本当は。
 味は、よくわからなかった。



 仮眠を取るはずだった貴重な昼休みを奪われ、あまつさえ通過儀礼と称したアホな羞恥(しゅうち)プレイに辟易(へきえき)して教室に戻ったら、何故か自分の席に自分ではない人間が座っていた。
 このところすべてが騒がしい。俺の安息はどこへいった。自堕落な日々を返してくれ。
 悪びれることもなく堂々と他人の席に座っているクラスメイトの男子生徒が、八代に気づいて破顔した。
「おおっ、久我」
「どいて遠藤(えんどう)
近藤(こんどう)! 近藤ね! 俺の名前は近藤祐介(ゆうすけ)!」
 知ってる、冗談だよと信憑性(しんぴょうせい)に欠ける投げ遣りな言い方で近藤氏を追い払う。遠いか近いかという実に微妙で決定的に異なる間違いで呼ばれた祐介は、ちぇ、と口を(とが)らせながらあんぱんといちごミルクのパックを持って席を立った。
 そして八代の前に座る。
「そこキミの席だった?」
「ううーんー? 違うよー? まだ一回も席替えしてないよ確かにクとコで近いけど、それなら俺は絶対おまえの後ろの席だ」
 五十音順で席を割り振られるから、久我と近藤なら確かに近藤が後ろにくる。
 あんぱんばっかり四袋も持った祐介は、最後のひと袋を開けながらそそそっと寄ってきた。
「あのさ」
「やだ」
「まだ何も言ってない!」
 ――俺の安息はどこへいった。
 多少の風が吹いたところでは(なび)かないだろうくらいに短い髪の、からりと笑うクラスメイトは、あんぱんをひとくち()む。ひとくちがでかい。
 彼が何を言いたくて目の前に座っているのだかまったくわからない。まさかあんぱんを食うところを見てほしいわけではないだろう。だとしたらかなり特殊な嗜好(しこう)だ。
「柘植ちゃんと付き合ってる?」
 唐突に投げかけられた質問に、八代は一気に不愉快になった。
 柘植ちゃん。
 なにその親しげな呼び方。
「付き合ってない」
 たぶん。
 関係性が曖昧(あいまい)に過ぎて、八代自身どう言えばいいのか判断に迷う。婚約者だと言っていいものなのだろうか。あまりにも現実から乖離(かいり)しすぎていて、言ったところで有効に作用するとは思えない。こんな質問を受けたとき、弘はどう答えているのだろう。
 ――そのまんま言ってそう……。
 どこまで本気でどう捉えたらいいのか。弘は恐らく本気だろうと思うし、わかるけれど、主だった変化がないので八代としてはどっちつかずで迷う。
「え、こんだけずっと一緒にいるのに?」
「一緒にいるだけで付き合ってることになるの?」
「だってふたりきりだろ?」
「ふたりきりでも、それが即付き合うことには繋がらない」
 いちいち答えるのも面倒くさくなってきた。
 どうしてこうもくっつけたがるのだろう。今現在はともかくとして、八代と弘はただ同じ部活だから一緒にいるだけだ。ついでに、部員数がふたりだけだから、結果としてふたりきりになってしまっているだけの話だった。ただそれだけのことなのに、惚れた()れたを直結させるのはあまりにも短絡的だと思う。
「じゃあやきもち焼かない?」
 食べ終わったあんぱんの袋をまとめて小さなコンビニ袋に入れながら、祐介が訊いてくる。八代は頬杖(ほおづえ)をついた。
「告白でもしたいの」
「うん、俺じゃなくて川崎(かわざき)従兄弟(いとこ)山崎(やまざき)の友達の田崎(たざき)の弟がね」
 back  |  next



 index