ラプンツェルの台   .1 .2
  ――無声慟哭しながらも、僕は自ら地獄の門を叩く。

 白雪姫の魔法の   .1 .2 .3
  ――鏡よ鏡よ鏡さん、嘘をつくなら悟らせないで、醜いわたしに知らしめないで。

 シンデレラにガラスのを   .1 .2
  ――ガラスの靴が必要ないなら、灰をかぶる必要もないだろう。

 青いの居場所   .1 .2
  ――甘いパン切れとあたたかいミルクを、いつも用意しておくからね。

 幸福な王子の臓とツバメのこころ   .1 .2 .3
  ――君と君のかわいいツバメに、やさしい春が来ますように。

 人魚姫の短   .1 .2
  ――ハッピーエンドを迎えるために、ハッピーエンドを手放しにいく。

 ずきんにおやすみ   .1 .2 .3 .4 .5

  ――空回りする手さえも愛おしい。




 

 あとがき


 

 この掌編小説は「 THE PERFECT WORLD 」の補足 となっています。
 本編未読の場合、わかりにくい部分が多々ありますことをご了承ください。


text index