少年スワロウ






 あれが本当に自分のものと同じパーツなのだろうか。
 と()らしたら、「大多数の女の子はわりと当たり前に出来るわよ――もちろん例外もいるけれどね」と返ってきた。本当だろうか。本当なら、女の子の手は魔法の手だ。
「なんて言いましょうか、ねえ」
 恭静(きょうせい)はグラスに氷を落とし入れながら言った。
五十鈴(いすず)さん俺のこと男だと思ってませんね」
 溜息(ためいき)まじりに。
 すると五十鈴は、大きな目をさらに大きくして、恭静を見遣った。
 夏。薄着の季節。五十鈴の格好イコール極細ストラップのキャミソールとホットパンツ。
 太腿、剥き出し。
 ソファの上で片膝を立て、薄い貝みたいな色のペティキュアを塗っている。
 夏。
 窓の外は目が(くら)むほど明るくて、白い、強い、如何にも滅菌作用抜群といった感じの強烈に清浄な光に(あふ)れていて、そのせいで室内はなんだか暗い。影が濃い。締めきった窓硝子(まどがらす)越しに蝉の声が聞こえて、空と激しいコントラストの緑色はそよとも動かず。エアコンが低く(うな)る音だけが響いて、グラスは汗をかいていて。
 ふたりきり、で。
 恭静は少しときめいていたりもするのだが。
「恭静くん今いくつ」
 七つ年上の幼馴染みは、実にあっさりとしたものだ。
「今年で十五です。今十四」
「はっ」
 五十鈴は鼻先で(わら)った。小さな足の爪に、器用に色をつけていく。あんな (わず)かな面積に、はみ出さずに。すごい、魔法みたいだ、と不器用な恭静は思う。
「毛も生え揃ってないお子様が」
「言ってくれますね見ますか」
 まったく恭静を相手にしていない。五十鈴は冗談でしょうところころ笑った。
「セックスもしないのに、見てどうすんのよ。つまんない」
「じゃ、しますか」
「何を」
 冷えたオレンジジュースをふたつ。ひとつを五十鈴に手渡した。五十鈴は薄茶色の髪を乱暴に掻き上げて、一気に飲み干した。からと氷が鳴る。
「セックス。するんでしょ?」
 グラスに唇をつけたまま、五十鈴は眉を(しか)める。首は固定したまま、瞳だけをくるりと動かして恭静を(とら)えた。
「恭静くん、彼女いるの」
 空のグラスの内側に声が反響して、くぐもって低く聞こえる。恭静はにっこりと笑って見せてやった。
「さあ? どうでしょう」
「はじめてじゃないの?」
「さあ、ね?」
 眉間に(しわ)が寄る。ものすごく面白くなさそうな顔をして、
「うっわヤなやつ。かわいくなーい」
 と文句を言った。その様子を見て、恭静は笑ってしまう。
「五十鈴さん、かわいいですね」
「ナ・マ・イ・キ。小僧にかわいいなんて言われたって嬉しくないわ」
「五十鈴さん、年上好み?」
 訊くと、五十鈴は花開くような笑みを浮かべた。
「自分を基準に三歳年上以下はお呼びじゃないわ」
「つまり俺は絶望的にストライクゾーン外だと」
「ミットに届いてすらいないわね」
 きっぱりと切り捨てられる。五十鈴は容赦がない。恭静はめげない。恭静は、五十鈴が照れ屋だということを知っているからだ。それは駆け引きの中で、時に重要な意味を持つ。五十鈴の優位は揺るがないが、だから恭静は自分が負けるとも思わない。これは重要なことだ。負けるかも知れないと思った時点で、半分以上負けてしまっているも同然だからだ。
 恭静は手を伸ばすと、淡いピンク色の詰まった小さなボトルを持つ五十鈴の手を取った。恭静にとっての不可能を、いとも容易(たやす)く可能にする魔法の手。
「何よ」
「貸してください。塗ってあげますよ、おねーさん」
 にこりと笑うと、五十鈴は苦虫を( )(つぶ)したような顔をした。
「気安くさわらないでよ、赤ちゃんが出来る」
「認知します」
「ばーか」
 べっ、と舌を出すと、五十鈴は乱暴に恭静の手を振り払った。ボトルのキャップを閉め、やけに勢いのいい溜息をつく。溜息をついたというよりも、打つように息を吐き出した、といった感じだ。それから恭静に一瞥(いちべつ)をくれ、眉間に皺を寄せた仏頂面で、てのひらに収まってしまう小さなボトルを投げつけた。
「ツバメくんめ」
 舌打ちをして、吐き捨てる。ボトルを軽く受け止めて、恭静は声を立てて笑った。
「何でもお申し付けくださいご主人様」
「言っておくけど、君のお役立ち度なんて打率に換算したら九厘足らずだからね」
 自惚(うぬぼ)れないでよ、と五十鈴は七つ年下の幼馴染みを(にら)みつけた。



「オイコラ」
「はい?」
「誰が舐めろっつったよ」
「あれ、もしかして感じちゃいました?」
 五十鈴の顔が、ピシ、と引き( )り、それから完璧な冷笑を浮かべた。
「味噌汁でツラ洗って出直して来いやクソガキ」





end.





index