あとがき。

 

  ここまで読んでくださってありがとうございます。お疲れ様でした。誤字・文法の誤り等がありましたら、↓ のちょびちょびメールフォームよりこっそり教えていただければ幸いです。ご意見等もこちらからどうぞ。

 このサイトの中にあってはちょっと毛色の違う、ファンタジーなお話でした。連作掌編でしたが、いかがでしたでしょうか。肌触りの良い、ライトなタッチを心がけたつもりなのですが、そのようになっていたかな? ほのぼのとしていただけたらいいなあと思います。
 古参の方(笑)の中にはご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、彼らはサイト設立当初、サイトの二本柱のうちの一本として存在していたものです(もう一本は柘植夫妻)。様々な理由によりサイト内から撤退させたのですが、「復活しないんですか?」と言ってくださる方があり、また何より、私自身が彼らをとても好きで、やっぱり書きたいなあと思ったこともあって、迷いはしましたが、この度設定を少し(嘘です結構直しました)焼き直して復活させました。新しく生まれ変わった彼らを受け入れて楽しんでいただければ、それ以上に嬉しいことはありません。これからもちまちま書(描)くことがあるかと思いますので、その際はどうぞよろしく可愛がってやってください。少しでも、あったかい、やわらかな気持ちになっていただければ幸いです。
 余談ですが、掌編タイトルにあります甘さレベルは便宜上のもので、お話の甘さとはほとんど関係ありません、悪しからず。(笑)

》2007年6月15日加筆訂正。
》2012年3月25日加筆訂正。


 

 index | text index