back  |  next   
「ならいいか」
 いいのか。
「でも、気絶だよ」
 思いきりぶっ倒れた。見てはいないが、すごい音がしたのだ。スカートで床を拭いていた以上膝はついていたわけだが、脳震盪(のうしんとう)でないとは限らない。
 が、伊織はふんと息をついて一蹴(いっしゅう)した。
「貧血でしょ。あと精神的なのと。やばいっちゃやばいけど、ほんとこればっかりはどうしようもないから。呼吸とかそういうの正常なんだよね? じゃなかったら救急車呼んでるだろうし」
「うん……まあ」
「なによはっきりしないなあ。でも、……だよねえ。しょうがないか。やっしー先輩女の子じゃないもんね。お邪魔します」
 言いながら、伊織はずかずか部屋に入っていった。八代は彼女のあとを追う。女の子だったら、もう少し気の利いたことができたのだろうか。
「とりあえずこれ。買ってきた」
 リビングでふり向いた伊織に、不透明の緑色の袋を押しつけられた。実際に身近に見たことはないが、中身は確認しなくてもわかる。
 見たら申し訳ない気がしたから、見ないよう気をつけながら受け取った。薬局の袋越しの中身は、なんだかもさもさしている。
 伊織はダイニングテーブルの椅子に(かばん)を乗せると、そこからまた袋を出した。生成(きな)りにオレンジのギンガムチェックのものだ。エコバッグらしい。あまりまちのあるものではないらしく、みっちりと(いびつ)に変形していた。
「さすがに牛乳くらいあるでしょ? 紅茶飲むんだし」
「ある」
「安心した。聞きそびれたからちょっと博打っぽくなっちゃった。卵と、あとインスタントだけどスープとココア。マシュマロも。卵と牛乳あれば大抵のことはなんとかなるからなんとかして。まあその牛乳忘れたんだけど、そこは気にしないでね。やっしー先輩のとこに何があるか知らないから、一応最低限のもの買ってきたよ」
 袋から出したものをテーブルの上に並べながら、伊織が言った。
「弘君ココア好きだから、これ()れてあげて」
「そうなの?」
「知らなかったの?」
 面を上げた伊織が眉を(ひそ)める。非難するような表情と声だった。
「……ごめん」
「あたしに謝ってどうするのよ。いやあたしもヤな感じだったけど。ごめんね。でもさ、好きなものくらい、ちょっとでいいから知っててあげてっていう、あたし得意のお節介(せっかい)なの!」
 少し照れた様子で唇を尖らせ、伊織はそっぽを向いて顔を赤らめた。可憐な西洋人形に繊細な化粧を(ほどこ)したような頬になる。
「正論だと思うよ」
 そういえば、八代は弘の好きなものを知らない。
 嫌いなものなんてあるのかなあと思っているくらいだ。弘はなんでもおいしそうに食べるから、なんでも好きなんだなという意識しか持ったことがなかった。
 でも、そうなのだ。特別に好きなものが、彼女にもあるはずなのだ。
 その特別がどんなものなのか、それ以前に、特別があるかもしれないとさえ考えたことがなかった。
「宇佐美サン、バイトは?」
「終わったよ。ちょっと早く上がらせてもらったの。今何時だと思ってるの?」
「……ありがとう」
「やっしー先輩、素直になったよね」
 伊織がエコバッグを畳んだ。きちんとしまって、鞄を肩にかける。
「宇佐美サンに言われたくないよ」
「あはは、ほんとだよねえ」
 伊織は否定もせずに笑って、来たときとは逆方向に進みはじめた。八代はやはりあとを追う。
「お菓子経験まったくないわけじゃないんだよね。できるならでいいんだけど、プリンつくってあげて。カラメルは甘さ控えめで、あと、出すときは冷たくしないで」
「生クリームはいる?」
 八代の家にストックしてある生クリームは、卵焼きのためだけにあるものなのだ。
「なくてもできる。検索して」
「わかった」
 伊織が帰ったら、八代のプリンづくり初体験がはじまる。それとも、明日出来立ての方がいいのだろうか。プリンって長時間寝かせたりするのかなと思っていたら、
「……あのねえ」
 玄関前で、くるりと伊織がふり返った。
「弘君、女の子なの」
「知ってるよ」
 あれが男だったら驚く。とはいうものの、驚くだけで特に何が変わるわけでもない。八代は弘でさえあればそれだけでじゅうぶんなのだ。男だろうが女だろうが関係ない。
 伊織が苛々と鞄を肩にかけ直した。突然腹立たしくなってきたらしい。磨かれたローファーを履きながらの声が、機嫌の悪い猫の毛みたいに逆立っている。
「そうじゃなくて! 普通の、ほんとにごくフッツーの女の子だって言ってんの! 確かに弘君は頑丈だよ。あたしもそう言ったよ。でも頑丈だっていうだけでただの女の子なの。いくら出来てても、――しんどいくらい出来てるけどただの女の子なの。わかる? この意味」
「わからない」
 伊織は、ああんもう! と地団駄踏むようにして靴の(かかと)を直した。
「宇佐美サン、帰るの?」
 玄関での遣り取りなわけだが、正直帰ってほしくない八代の心情は完全に無視で、伊織は出ていく気満々だ。
「そりゃそうよ帰るよ。おじーちゃんに迎えにきてもらうから送ってくれなくていいからね。なにその不服そうな顔。それでね、ああもうほんとに、だから、」
「えっ」
 いきなり伸びてきた手に、がっ、と胸倉(むなぐら)を掴まれた。そのまま力任せに引っ張られ、不意打ちだったこともあってさすがによろけてしまう。
 八代からすると伊織の身長は低い。勢いのまま前に突っ込んだら、彼女を押し倒すかたちで潰れてしまう。不純なものも(やま)しいことも何もないが、それはいやだった。咄嗟に壁に手をついて不安定になった体勢を立て直す。
「さっきから繰り返してるとおり。弘君は! 女の子! なの!」
 八代のシャツを思いきり握りしめて(すご)んできた。なんだかよくわからないが迫力がある。
「女の子の身体っていうのはね、繊細なの。精神状態によってかなり大きく変わっちゃうの。生理なんか最たる例よ。何ヶ月も来なかったり、一度に大量に出血したり、なっかなか終わらなかったり」
 生々しい。八代は女の身体を知らないわけではないが、所詮それはベッドの中での話であって、こういう切実な女の子事情などというものは知らないし、考えたこともない。必要がなかったともいえる。
 これだって聞いてしまっていいものなのか戸惑う部分がある。女の子の伊織に叱られているのだからいいのだろうが、なんというか、耳を(ふさ)ぎたかった。得体の知れない罪悪感がある。
 黙っている八代を見て、伊織は肩で息をついた。
「空元気っていうんじゃないよ。やっしー先輩が負担っていうわけでもないと思う。そんな単純なことじゃなくて――」
 そこまで言って、少し微笑んだ。それを見て、八代も少し緊張が解ける。伊織のその表情は、もう幾度となく見てきた。心配性で情愛深い、やさしい色。こういうときの彼女は、一切の冗談や嘘偽りなく八代に助言をくれる。
「会ってなかったことがどうとかは言わないけど。前言ってたふたりの問題とかいうのもあるんだろうけど。それだってあるんだろうけどでもそうじゃなくて、やっしー先輩の状況、短期間でかなり変わったんでしょ? やっしー先輩が変わったってことは、弘君だって変わってるよね。他人のあたしにだってわかるんだから、当事者はすっごい疲れることも多かったんじゃない?」
「……うん」
 疲れることはたくさんあった。揺れて戸惑い、大きな決心もした。
 そして、逃げ続けてきた。
 まだ解決していない問題は山積(さんせき)しているが、向き合う意思を持てている。そんな中で八代はいつも不安だったし、泣くことだってあったけれど、弘は、
 ――弘はどうだっただろう。いつだって変わらず笑顔で、ときに八代を(たしな)め、いつも抱きしめてくれていた。感情表現が豊かで素直だから、その点だけ見ればいつもと変わったところはない。
「……負担にならなかったわけがない」
「そんな世界の終わりみたいな顔しないでよ」
「してる?」
「してる。無表情に見えるけど、ちょっと違うね。だいぶやっしー先輩の表情見分けられるようになってきたの」
 back  |  next



 index